uni-marcaさんの音楽観やバックボーンはなんですか?

河崎: わたしはコントラバスを弾き、人前でうたうことはほとんどありませんが、演奏や作曲などの音楽活動についての最大の関心事は、言葉と声の関係です。うたの周りを回遊し、さまざまな試論や仮説をたててみることがわたしの音楽活動の日常です。
uni-marcaでは、わたしが言葉の素材を選んだり、作曲をすることがあまりないので、かえって私的な試論や仮説にとらわれずに、遊戯的に、そして心持ちのんびりと思いがけずに訪れる発見を楽しんでいます。

柴田: uni-marca のレパートリーには演劇的要素を持ったものがいくつかあります。
と言っても、動きのあるパフォーマンス的なものとも違って、言葉への集中の仕方だったり、ユーモアの盛り込み方が演劇的なのかな。
演劇が、音楽に憧れているような感じではなくて、音楽が、演劇を音楽に転化させようとするみたいな感じ。それが音楽として成り立つ、そのことを面白がっています。
それから私個人は非常に単純な意味で、やっぱり音楽にはうっとりできる瞬間があるべきだと思っています。だから uni-marca の音楽でも、ヴィヴィッド・スリリング・エキサイティングと同じくらい、いや、それ以上に? 優しいコントラバスの音や、甘く響く声は大切。


1st. アルバムですが、タイトルはどのような経緯で決まったのでしょうか?

河崎: あまり考えなかったのですが、自然にこのようになりました。

柴田: このアルバムには、タイトルはありません。
強いて言えば、<uni-marca> の<uni-marca>。
自分たちがここに存在している、という定義のようなものです。
アルバムにタイトルをつけるというのは、その時に自分たちが集中している何かを総称することに少し似ています。その点から考えて、現在、総称するのだとしたら、それは uni-marca が、uni-marca をやっていますよ、ということがほとんど全て。
だから、タイトルをつけることに違和感があったのです、たぶん。


今回のアルバムのコンセプトは何ですか?

河崎: 特にライブと変わることなく、記録的な性格が強いアルバムですが、せっかく録ったので何度も聴けるCDをつくろうね、と二人で話し合いました。シンプルな編成ですが、情報量は良い意味で多いので、何度も楽しんでいただけるかと思います。

柴田: これをコンセプトと呼んで良いのかはわからないけれど、「何度も聴きたいアルバム」です。聞こう、と能動的に思う時と、流そう、と受動的に思う時の両方がちゃんとあるようなもの。
それが、録音物という繰り返し再生できるものを作る上で一番素敵な動機だと、私には思えました。


録音とライブでは演奏する上で、雰囲気等いろいろと異なると思いますが、
何に一番気を使われましたか?

河崎: 記録や、出来事になるべく嘘が生じないように気をつけました。

柴田: 録音の場合、リスナーと私たちは同じ時を過ごしているわけではないから、時間の経つ様が耳に聞こえるような演奏をしたいと思いました。
各楽曲の始点から終点に向かって時がすぎてゆく。
そこに時間があること、その時間を消化することを楽しめるような音、演奏です。


今作の録音前と録音後で何かお二人の中で変わったことはありますか?

柴田: これは、河崎さんとはおそらく対極にある私固有の感覚、性格なので、かなり限定的に私の場合、の話です。
録音前は、レパートリーをいつも確実な、良い方法で演奏しようとしていたかもしれません。自分の好きな演奏が世界に存在するのは、自分が演奏をしているその瞬間だけだから、なるべくいつでもそれを再現したい、というような。
けれど、録音をして、少し身軽になったような気がします。おそらく私は、私自身が再現しなくとも、こうだといいなあ、が形を持って世界に存在するようになったという安心感を得たのだと思います。
これでまた新しい、こうだといいなあ、を探ることができるのです。
今回アルバムを作る過程で、録音した音源は相当の回数ずつ聴いたから、さぞかしその音・声が耳に残って、その後演奏するにあたってますます模倣になってしまうのではと心配しましたが、これが案外ならないのも不思議です。


8曲目の My Old Kentucky Home をカバーしようと思われた
きっかけは何ですか?

柴田: まず、この曲が好きだということがあります。それから、uni-marca はオリジナル曲の中で新しいことをしようと試みていますが、そういったレパートリーの中に、この曲が持つ民謡的で普遍的な懐かしさが加わることで、私たちが音楽の何を素敵と思っているかも見える。それで、このアルバムの音楽が広がるといいなと思ったから。


次回作の展望などございましたらどうぞ。

河崎: 奇をてらわず、新しいことも求めず、でも「CD」や「音楽」というフォルムから少し逸脱したCDをつくってみたいです。

柴田: はじめ、ZIPANGUさんから「DVDでもいいかな」とも言っていただいたのですが、私たちの音楽は演奏をしている姿が目に見えた時にその特徴が色濃く出るようです。その意味で、いままでの uni-marca はライブのために存在していて、だから今回のアルバムはそれを記録するという形をとっているのです。
でも次回は、いままでの uni-marca の存在そのものと矛盾したようなもの、録音でしかできない音を作る uni-marca についても考えてみたい。それで uni-marca のこれからの姿が見えてくるかな。


ファンへのメッセージを。

河崎: いつもありがとうございます。ファンの輪が広がってゆくことを切に望みます。

柴田: いつも私たちのねじれたポップスに耳を傾けてくださって、ありがとうございます。今後も、直球と同時にナンセンス、真面目とユーモアを軸としながら、バラエティーに富んだレパートリーを増やしてゆくつもりです。ひきつづき、くすくすと笑っていただければと思います。

「Zipangu News」 12月号より